読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平常運転

アニソンが好き

過去記事とかは記事一覧で見れます

バンドリ! 3rd シングル発売記念イベント (12/17 大阪) に行ってきた

先日発売の3rdシングルのリリースイベントが大阪と名古屋で2回ずつあったのだけど、そのうち大阪の1回目に当たったので行ってきた。大塚さん西本さん伊藤さんの3人からのお渡し会ということで、時間的に長い時間話せたわけではなくてあっという間だったのだけれど、個人的にバンドリの"接近系"のイベントは去年の4thライブ前以来なので、そこからの1年ちょっとでぐっと大きくなった中で応援してます、と直接伝えられたのは嬉しいイベントだった。

3rd Single 「走り始めたばかりのキミに / ティアドロップス」発売記念スペシャルイベント開催決定! | BanG Dream!(バンドリ!)公式サイト

続きを読む

Perl 6 のモジュールエコシステムの話とモジュールを公開する話 (2016年12月版)

このエントリは はてなエンジニアアドベントカレンダー2016の13日目のエントリです。12日目のエントリは追って書かれる見込みです。
それぞれ力のこもったエントリが並んでいるところ恐縮ですが、 Perl 6 の話をカジュアルにしようと思います。そして、この話は先日 YAPC::Hokkaido で LT した "Publishing a Perl6 Module" を revise の上ブログエントリにしたためた物でもあります。

www.slideshare.net

このエントリを読むことで Perl 6 のモジュールエコシステムについて雰囲気を感じてもらったり、あわよくばちょっと面白そうだから Perl 6 のモジュールを書いてみるかと思ってもらえれば幸いです。一方で、 Perl 6 のコードの書き方のような話はほぼしないので、その辺は一般的な Perl 6 入門的なドキュメントを探していただければと思います。
なお、前述したようにこのエントリは"はてなエンジニアアドベントカレンダー2016"の一部ではありますが、 Perl 6 は特にはてなの中で利用されているわけではなく、このエントリは id:astj の完全な趣味によって書かれています。

続きを読む

YAPC::Hokkaido 2016 に行ってきた("Publishing a Perl6 Module" というタイトルで LT した)

YAPC::Hokkaido 2016 SAPPORO

京都から行ってきました。というか飛行機欠航で翌日振り替えになったので、このエントリを書いている12/11夜時点ではまだ北海道にいます。明日の朝飛行機が飛ぶことを祈っています。なので現時点では京都から「来ています」の方が正確かもしれません。
追記しておくと12/12に無事京都に帰ることに成功しています。おつかれさまでした。

続きを読む

みみめめMIMI きみのヒロイン に行ってきた

1週間ほど前になるけど、今年たくさんライブを見に行った みみめめMIMI のワンマンライブ、「きみのヒロイン」に行ってきた。のでその話をする。

みみめめMIMI ワンマンライブ「きみのヒロイン」 | mimimememimi.com

ちなみに音楽ナタリーでもライブレポート上がってた。

natalie.mu

続きを読む

バンドリ! 「走り始めたばかりのキミに/ティアドロップス」買ったけどとても良い

先に結論から言うと今すぐ買いましょうという感じです。というのは、曲もいいのだけど、限定盤には今年の4月にあったライブ映像の Blu-ray がついてくるので、それを見ましょうという話です。あと、次のライブのチケットの先行抽選権がついてくるので買う場合は今週中に買いましょうという世界観です。

astj.hatenablog.com

乱暴な書き出しになったけど、まず前提としてCD本体が良い。ティアドロップスのロック感もいいし、走り始めたばかりのキミに(以下はしきみ)で全員がメインボーカルを回しているのも、各メンバーの歌声はこういう感じです、という名刺的なよさもある。ティアドロップスのツインリードやはしきみのソロ回しとかの楽器的な見所を聞くとライブを思い起こしてテンションが上がる。そうそう、はしきみの歌い出しの愛美さんのソロのところのファルセット感のある歌い方がとても好きです。

その上で、限定盤についてくる Sprin'PARTY の映像が今回とてもよかった。
まず心情的なところでいうと、バンドリのライブ映像がお茶の間でこんなにきれいな映像で見放題なのがとても良くて、感慨深くもある。これまでバンドリのライブの映像といえば、ブシロードTVや公式の Youtube 動画で一瞬チラッと映るとかばかりだったので(この前のアニサマBlu-ray 化されるだろうけど)、単独ライブのライブ映像がCDの同梱とはいえ Blu-ray で見れるのはとてもめでたいと思う。単独の商品じゃないから作りがチープなのかと思ったら沢山カメラ入ってるし全曲入ってるし5人全員参加してるオーディオコメンタリーまでついてきてフル装備という感じである。普段アイマスの商品展開を見てるとライブ映像が映像商品化されるのは普通のような気持ちになっているけど、バンドリにとってはこれが最初なのである。

曲数のあまり多くないライブだったけれど、この3rdシングルまでのオリジナル曲は全部披露されたライブだったので、今回のシングルの曲含めてライブバージョンを見ることが出来る。はしきみはボーカルのパート割がこのライブでは違ったけど*1、愛美さんをフィーチャーしたこのパート割にもまた違う良さがある。ティアドロップスはツインギターの格好良さを改めて映像で見ることが出来る。

今更なんだけど、ライブ映像を改めて見るとふつうに楽器バリバリ演奏してて凄いなという感想にもなれる。特にベースの西本さんとギターの大塚さんがめちゃめちゃしっかりしているので見応えがあって非常に良いし、ライブ会場の熱狂の中でなく家で Blu-ray を見ていても大橋さんふつうにドラムうまいな……と感心する。Blu-ray になって何度でも見れることによって、演奏とかの所作までじっくり見放題なのはたまらないですね。

そして、映像で見ても大橋さんのソロ(+愛美さんのギターコーラス)だった一番の宝物がとても良いので、バンドリよくわかんないけど大橋さんは知ってる、みたいな人でもこの曲はなんとかして見てほしいと思う。大橋さんのボーカルと愛美さんのコーラスの組み合わせがすごく綺麗だし、曲中ところどころおふたりが目を合わせたりしているところも映像で見れるのがとても良いです。

バラードを、ということで選曲はガルデモの 一番の宝物。直前の3人の盛り上がるノリのいい曲にバラードを続けるのは結構思い切った構成だなぁと思ったけれど、大橋さんの歌声はすごく綺麗で、盛り上がる曲でヒートアップした空気をガラッと変えてしまう力があり、その思い切った構成がしっかりハマっていたと思う。 また、この曲ではその大橋さんの歌声を綺麗なコーラスとしっかりしたアコギで支えていた愛美さんの仕事っぷりもすごく良かった。

BanG Dream! First☆LIVE Sprin’PARTY 2016! に行ってきた - 平常運転

あと、2017年2月のライブの先行抽選申込権もついているのだけど、これ締切が今週末でキツいので、興味ある人は高速に購入して応募することが求められます。

☆BanG Dream! 3rd Live チケット先行抽選申込券(CD1枚につき抽選券1枚、申込期限:12月11日(日)23:59まで)

http://bang-dream.com/cd/

こちらからは以上です!!!!

*1:11月のライブではCD通りになっていた

ANIMAX MUSIX 2016 YOKOHAMA に行ってきた

f:id:astj:20161127141629j:plain

11月はイベントの予定入れすぎて破滅しそうになったんだけどそのクライマックス。昨年度は大阪公演にだけ行った ANIMAX MUSIX を今回は横浜と大阪両方行こうということにして、まずは横浜公演に行ってきた。簡単に振り返って感想を書きます。

musix.animax.co.jp

続きを読む

眼鏡を買い足した(9ヶ月ぶり)

f:id:astj:20161126203807j:plain

前回は2月の終わり頃だった。もう1回前は去年の5月らしい。

astj.hatenablog.com

astj.hatenablog.com

普段は去年買った方の眼鏡を使ってたのだけど、一部メッキがハゲてきてしまっていてみすぼらしくなってきたので買い換えた。また JINS
当初は銀のメタルフレームにしようと思ってたのだけど、よくよく考えたところ普段ゆるい格好しかしてないので銀のメタルフレームでクール感出しても合わないな、と思ってやめた。ちなみに今オンラインだとアウトレットで5900円だけどぼくはふつうに店頭で7900円で買ってしまって敗者という感じ。次からは買う前にオンラインの方を確認します…………

www.jins.com

明日以降こちらの眼鏡になりますので皆様よろしくお願いします。

ちなみに、これまでは去年買った方のメタルフレームのを使ってたと書いたけど、コンタクトと併用するために外出時眼鏡をかけずに持ち歩くこともあって、そういう時は少々雑な扱いでもじょうぶそうな後から買った方を使ってた。なので東京ではそっちかけてたことが多いし、多分この先もそうだと思います。どうでもいいですね。

教訓(その2)

前回の教訓がこうだった。

去年眼鏡を買ったときも思ったのだけれど、眼鏡のフレームを選ぶ時にド近眼だと鏡をめっちゃ頑張ってのぞき込まないと自分の顔が見えなくて非常に選びづらくて、今回はその反省からコンタクトつけていってフレーム選ぼうと思っていたのだけども家を出る時にすっかり忘れていて、結局鏡の前で挙動不審になりながらフレームを選ぶことになった。 しかし一方で、仕上がった眼鏡を渡されたときに一度装着しないといけないので、コンタクトつけてフレームを選んだ場合は受け取るまでにどこかでコンタクト外さないといけないということになるので、それもそれで悩ましい気がする。

眼鏡を買い足した - 平常運転

今回はコンタクトで行ったのでちゃんとフレームを選べた気がする。あと、京都駅の JINS に行ったのだけど、少なくともあの店では受け取りカウンターの横に鏡と洗面台があったのでそこでコンタクト外せて便利だった。

余談