読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平常運転

アニソンが好き

過去記事とかは記事一覧で見れます

THE IDOLM@STER 9th Anniversary WE ARE M@STERPIECE!! 名古屋にも行ってきたお話

アイマス アイマス9th ライブ

概要

めっちゃ遅くなりましたが、いろいろあって9th名古屋も両日参戦してきたのでそれについてと、あと9th振り返り的な日記です

ここにいたるまでの道のり

ライブまで

大阪公演があまりに素晴らしかったものだから名古屋も行くことになった。 名古屋は結構遠いつもりでいたけれど、新幹線に乗れば京都から名古屋は30分なので大阪まで出かけていくのと大差ないじゃんという気分だった(お金はかかるけど...)

今回は気合い入れて大閃光オレンジを2日で2ダース用意して、黄色を1日目2本2日目4本、あと何故か大閃光ブルーを2日目だけ2本用意していた。オレンジは計画的に用意したんだけど、他はだいたい当日にヨドバシやハンズで適当に買った結果で、もうちょっと計画的というか考えて買った方がいいなと思った。大阪2日目の時から成長していない。

大阪と比べて物販の売れ行きがやたらと早くて、1日目の昼過ぎなら名古屋限定の青のTシャツくらい悠々買えるだろうと思っていたら売り切れていて買いそびれたりした。時系列が前後するけど、友達が2日目始発で物販に並んでいたのでその時に買ってもらって、2日目は無事青のTシャツでライブに行けて良かった。

ライブ

ファミ通のライブレポートあたりを読めばセットリストとかその辺は分かるので、併せてお読みください。 : 『アイマス』はこれからも走り続ける! 『アイドルマスター』9周年ライブ名古屋公演2日目リポート - ファミ通.com

1日目の席はアリーナの42列目で、だいぶ後ろの方だったから「えー」と思っていたけれど、名古屋はトロッコ演出があって、なんと42列目はトロッコが目の前を通る列だった。

入場に並んでたら「演出のため入退場のできない時間があります」って書いてあって、何かあるんだーとは思っていたんだけど、入場してみたら目の前がなんか柵だった上に、さぁ始まるというところでスタッフの人が通路も柵で塞いでいて、「!!!!」という感じだった。 残念ながら(?)目があったりはしなかったけど、とにかく間近にキャストの人たちがやってきてマジかよすっげーという体験だった。

2日目の席はそれより少し前だったので、トロッコが席のちょっと後ろを通る感じだった。単純なトロッコとの距離は1日目より少し遠いけれど、キャストの人たちも真下よりは少し遠く見ていることが多いので、(これまた目があったわけではないけど)ざっくりと「こっち向いてる!はらみーー!!」みたいな体験は2日目の方ができた気がする。 あと、トロッコが後ろの真ん中で止まって歌うときはキャストの人たちは前を向くので、2日目は(僕らが振り返ることで)キャストの正面側になって、大阪の席からのメインステージよりもずっと近くから歌っている様子がみれてすごいよかった。

トロッコが来ていないときは二日ともまぁアリーナの後ろの方だよねという感じだけど、これはこれでなかなかよいものがあった。大阪のときより後ろなのでキャストは確かに遠かったんだけど、その分ステージ全体を見渡しやすいというのがあって、あとは大阪のときはなかったスタンド席がある分、暗い客席にサイリウムが光の海のように見えるのがすごいよかった。特に中村さんのソロのときに、本当に客席全体が真っ赤になっている様子を(振り返ったりせずに)見ることができた。 ちょうど2日目の最後のMCで下田さんもそういうことを言っていたけど、席によって違う楽しみ方ができるんだーというのがいい発見だった。

(とはいえ同行の友人がめっちゃ前の席だったので、あれはとにかく羨ましかった・・・)

大阪とだいたいのライブの流れは同じと踏んでいたので、ソロコーナーの最初は完全に下田さんが来ると思って黄色のサイリウム折る寸前だったんだけど、流れたのは自転車のイントロだったので「まじかーーーー」となっていた。確かに平田さんのソロで自転車はやるだろうと思ってたけど、ソロコーナーの一発目からエンジン全開の選曲でびっくりした。 そのまま続いた2曲目はtearで、真のかっこいい曲で大好きな曲なので1曲目に続いて最高の選曲だと思った。 平田さんは名古屋からの出演だから見るの初めてだったけど、かっこいい曲を本当にパワフルでかっこよく歌っていたのが印象的だった。

1日目の平田さんのラストだったedeNもすごく好きな曲なんだけど、この曲はソロで歌うなら美希役の長谷川さんだとばかり思っていたから、まさか平田さんのソロで聞けるとは思ってなかった。本当にかっこよかった。

下田さん、滝田さん、今井さんの大阪から継続の3人のセットリストは大阪と同じだと思っていた(のでジェミーをもう一回聞けると思っていた・・・)んだけれど、下田さんのソロ1曲目からその予想はあっさり覆されてしまった。HHbはCDだと3人で歌っていたけど下田さんのソロで聴けたらなーと思っていたのて最高だった。初日はフッフーのタイミング忘れてたけど2日目はきっちり決められたのも気持ちよかった。

原さんは名古屋からだったので、ソロの歌を聞くのはカバー曲コーナーが最初だったんだけど、原さんのネクストライフにはゾクゾクする色気と格好良さがあった。CDだけ聞いてると結構単調な曲のように聞こえがちなんだけど、あれはステージでダンス(とコール)を含めた形になることですごいカッコよくて盛り上がる曲になるんだと思った。 貴音の曲だと風花みたいな歌い上げる曲が一番好きで、実際その風花が本当にかっこよくてすごいよかったんだけど、ふるふるフューチャーみたいな可愛い感じやもっとしっとりしたシリウスや恋花とかも聴けて、いろんな原さんの歌声を聞けたのもよい体験だった。

中村さんも名古屋で初めて聞いたんだけど、中村さんが喋ると「あぁ、アイマスだ」という不思議な気分になるのが印象的だった。直接的には中村さんが演じる天海春香アイマスのメインヒロインだからなんだろうけれど、彼女が「プロデューサーさーん!」と客席に呼びかけるそれだけで途轍もなくアイマス感が出るのがすごいなぁと思った。 そういう思い入れがあったからかもしれないけど、中村さんのステージでは客席を見渡すととにかく中村さんは愛されてるなあという感じを抱いた。みんなそれぞれ一押しのアイドル/キャストがいると思うんだけど、それとまた別にアイマスの象徴みたいな感じで愛されてるなぁとあまり根拠なくそう思った。 キラメキ進行形は来るだろうと思っていたんだけどコール覚え切れてなかったので、ちょっと乗り切れずとても悔しい思いをした。

今井さんのソロはどの曲が入れ替わるんだろうと思ってたけど、まさかアニメアレンジの蒼い鳥が聞けるとは思っていなかった。千早の代表曲なんだけれども、当然これまで生で聴いたことはなかった。 今井さんが生で歌うバラードにはすごい熱量があって、音源で聞くのと迫力が全然違ったんだけど、今回沢山今井さんのバラードを聴けた中で、蒼い鳥まで聞くことができたのはすごいよかった。

名古屋にいる時点では東京公演は全く行けないと思っていた(その辺は後述)ので、原さんのソロが終わったあとは(大阪2日目に感じた以上に)楽しい9thが終わってしまうのが辛かったんだけれど、その分M@STERPIECEもONLY MY NOTEもREADYも滅茶苦茶楽しかった。終盤のセットリストがとにかく楽しさと感慨に溢れていた。

エモい話

大阪のときにはあんまり感じなかったんだけど、名古屋では至近距離でキャストを見ることができたからか、我々はステージ上の公演を一方的に見ているのではなく、僕らがサイリウムを振ったりコールしたりする様子もまたキャストに見られているのだなということを強く思うようになった。僕という個人単位の行動がというわけではないけど、客席の「ご同僚」と一体の「プロデューサーさん達」という単位で僕らは確かにライブを見ていたのではなくライブの時間を共有し、参加していたのだということをすごく感じた。

大阪2日目のエントリにも書いたけど、やっぱり今9thのBlu-rayが早く出ないかなと思っていて(気が早すぎる!!)、それは単純にあのステージを映像でもう一度見たいというよりは、自分が過ごしたあの時空間を振り返るためのアイテムとして、思い出の外部記憶みたいなものとして欲しているんだと思う。 大阪の最初のTHE IDOLM@STERが始まる瞬間の感慨とか、生で自分REST@RTのイントロが流れたときの興奮とか、最後のREADYが終わったときの満足感とか、そういう体験をあのときの映像を介して振り返って、あの時の最高の気持ちを追体験したくてたまらなくなっている。 なので、全日程とは言わないので大阪名古屋それぞれ1日ずつくらいはフル尺で収録されるといいなと思っている(けど無理かなぁ・・・)

その他小話

1日目にDLCのPVでシンデレラガールズ(モバマス)からあんずのうたが流れた途端、みんなおもむろにピンクのサイリウムを取り出してコールをバッチリ決めてるのがめちゃくちゃ面白かった。実際あんずのうたのコールはめちやめちゃ楽しい。働きたくない者の聖戦である。

2日目はあまりに身体がボロボロだったので、ライブのちょっと前にリポビタンDを飲んだ。因果関係があるかは分からないけどライブ中めちゃめちゃ身体が軽かった。あれは危険な薬物なのではないか。助かった。

9thツアーは名古屋まで全通だったので、コールやサイリウムの揃い具合の日による違いを見ることができて面白かった。名古屋1日目ではSTART!!のサビのサイリウムの振り方がみんなバラバラだったのが2日目には揃っていたりとか、今回のツアーで初ライブ披露だったONLY MY NOTEは4日かけて徐々にサイリウムの振り方がまとまりつつある様子を続けて見れたのがちょっと面白かったし、こう言う体験をするとツアーを遠征して転戦したくなるんだなぁと思った。

大阪でも名古屋でも、最後は765プロ社長がプロデューサー(つまり我々)をねぎらってくれる映像が流れるんだけど、名古屋では最後に(名古屋公演不参加だった)釘宮さんの映像にねぎらってもらえた。 僕は釘宮病とかではないけど、釘宮さんに「お疲れ様」と労われるのはとても心洗われる体験で、なるほどこれが癒しかという感じだった。

おわりに

初めてのアイマスライブが9thでしかも大阪と名古屋で4公演行ったのは完全に飛ばし過ぎ感があるけど、大好きなアイドルマスターの曲を生で体験できたのがすごいよかったし、ちょっと前で書いたように、自分自身もライブの構成要素となるのがすごくたまらない感じだった。 今回いろんな曲を聴けたけど、今回不参加だったキャストさんの曲をはじめ好きだけど聞けなかった曲も沢山あって、それを全部満たすことはできないだろうけど、これからもライブ行ってもっといろんな曲を聴きたいなと思いを新たにしたりした。

とまぁ完全に僕の9thが終わった体の感想を書いたところであれだけど、東京も1日目はライブビューイングを見に行く予定です。 東京公演の日程は予定が詰まっているので名古屋行ってる時は「これで僕の9thは終わりかー」と思っていたんだけれど、よくよく予定を見たら(現地は確かに行けないんだけど)1日目はライブビューイング行けることに気付いたので延長戦の運びとなった。 ライブビューイングってのは実参加と違ってライブを「見ている」に過ぎないという話もあるんだけど、そんなことはいいからステージを見たいんじゃという所存です。

まぁ、先行申し込みは完全に忘れてたので23日頑張ってチケット取ります・・・

ちなみに

その次は11月のシンデレラガールズライブに行きます。ずぶずぶ・・・