読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平常運転

アニソンが好き

過去記事とかは記事一覧で見れます

アイドルマスターシンデレラガールズの4話を見た感想

アイマス アニメ感想

最近アニデレの感想ブログをネットで探してぽつぽつ読んでて、いいこと書いてる人沢山いるなぁーと思ったので自分でも感想書いてみることにする。なのでいきなり4話から始まります。


4話全体を見た感想としては、これでシンデレラプロジェクトの物語が動き始めたのだなぁという風に思った。4話を見てから振り返ると、1話から3話まではNGの3人がアイドルになってプロジェクトに加わって(バックダンサーとして)抜擢されて初めてライブを経験するという3人の物語だったというのを改めて思う。3話までで一区切りという話は制作側のインタビューでも触れられていて、ここから他のメンバーも掘り下げていくというような話だった。

電撃 - 『アイドルマスター シンデレラガールズ』は新たな展開へ? 放送開始後の手応えや今後を鳥羽P&石原Dに聞く

僕たちとしては、アニメ『シンデレラガールズ』の世界観や進もうとしている方向性を、この3話分で1つご提示できたかなと思っています。

そして、第4話からはシンデレラプロジェクトのメンバーに少しづつ焦点を当てて物語を進めていきます。

今回(アニマス1話をちょっと彷彿とさせる)ビデオ撮影という体でNGの3人がプロジェクトメンバーと会って回っていた。一見するとメンバー顔見せって2話でもやったじゃんという気がするけど、2話はNGがこれから一緒に過ごすメンバーをさらっと紹介する感じで、一方今回はこれからストーリーに本格的に加わってくるシンデレラプロジェクトメンバーの紹介という位置づけなのだなぁというように思った。3話までは李衣菜が本当にクールでロックなように描かれてたけど今回でクールとロックなアイドルを"目指してる"子なんだなぁというのが分かったりするのもそういう文脈なんだろうなぁと思っている。

そんな中でみくにゃんは3話から結構NGに絡んできていたけど、今回も引き続き存在感のあるポジションだった。早くお仕事したいもっとアピールしたいっていう立ち位置が続いている。莉嘉やみりあももっとお仕事ほしいライブ出たいと言ってるけどこの辺は無邪気に出たがっていて、みくは結構シリアスな問題として捉えてるように見受けられる。3話の時は最終的にNGを見守るいい話っぽい流れに帰着していたけど、4話最後で伝えられるCDデビューの話でまたNGに先を越されてしまって、ここから一波乱ありそうな気がする。

次回のタイトルの「I don't want become a wallflower」は"ひとりぼっちは嫌だ"あるいは"のけものにされたくない"ってところだろうか。上記の流れと合わせると「CDデビューでまた先を越されたみくがNGに突っかかる話」というのが順張りだろうけど、その予想を覆すような展開が来るのだろうか。

1話から3話まではひとつの流れとしてすごい綺麗にまとまってて、特に3話の失敗しそうな流れから立ち直って最高のライブができて最高!という流れの後なので、4話はリラックスした展開で微笑ましく見ていたけれど、最後のCDデビューとそれにまつわる上記のみく問題だったりで、次からまた話が動き出すぞ、という感じだった。1週間で5回10回と見直すような回ではないと思うけど、5話以降に向けて備えていきたい。

雑多

以下はとりあえず雑多に書いた話。上と重複あっても許してね。

未央が着ているパーカーの胸の30はミオとかけてそう。

アバンで凛と未央がずいぶん打ち解けている。未央が武内Pのモノマネで始めたコントみたいなやりとりを凛も結構ノリノリでやってる。3話までは凛が未央のノリについていけてなかった感じだけど、やっぱり3話のライブを機に打ち解けたってところなんだろう。

みくが今回はオフっぽい感じで登場。ゲームだとオフは真面目ちゃんという印象があるけど今回は普通にだるそう。とはいえその後の莉嘉やみりあとのやりとりなんかを見てるとやっぱり根は真面目な子なんだよ、というのがよくわかる。

○ジラきらりん。大怪蝶凛。その後に映ったポスターにあった大怪獣GIRARIDONの着ぐるみっぽい。GIRARIDONのキャストには茜と紗枝。横の姉御のポスターは登山モノの映画なのかな。イロモノ仕事っぽい気がするけど、こういう男気系は意外と姉御の好みなのではないか。

カメラ向けられてるときのかな子の考えながら喋ってるみたいな微妙な間の空き方がリアル。いざカメラ向けられるとこういう感じになるよね。

蘭子からのメッセージカード。熱い熊本弁。"Message For You"だけなんか妙に可愛らしい気もする。

Bパート開幕。あちこちに垂れ幕みたいなのが貼られてるのを見るとやっぱり1話の最初でおねシン歌ってた9人はトップアイドル的な感じらしい。

美波とアナスタシアは今回も仲良し。プライベート的に仲良しなのか、プロジェクト内で既にユニット的な扱いになってるのかどうか

蘭子ちゃん。3話でもちょっと出番あったけど熊本弁本格ご披露。らんらん。闇に呑まれよ! 去り際に傘忘れて慌てるところが可愛い1コマ。

りーな。ドヤ顔。3話までクールな感じで通してきたのに格好つけてたのがバレつつある。ドヤ顔で格好つけてたら追求されて慌てるところもかわいい。

スーパーハピ☆ハピキャンディーシャワーの気合い入ったカメラワーク。きらりの杏への母性。杏の籠城。りーなが冷静。

武内Pのデスクワーク。普通にシャツにネクタイだけど上着着てないからちょっとラフっぽい雰囲気。あのセリフ切り貼りしたやつは武内Pが切り貼りしたんだろうか。

今後・・・活用の間。
2組がユニットでCDデビュー。アーニャと美波はアニメでずっと仲良くしていたけど、まさかCDデビューになるとはちょっと予想外。
そして最後に今回も時計が1分進む。

エンディングの夕映え、リスアニライブで聞いた後で聞くといろいろ思い出す。Bメロとか。

そういえば月曜日のニコ生での4話放送から続くデレラジAにはみく役の高森さんがゲスト。デレラジAのゲストはこうやって見るといろいろ計算尽くだという気がする。