読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平常運転

アニソンが好き

過去記事とかは記事一覧で見れます

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 2ndLIVE ENJOY H@RMONY 2日目に行ってきた話

です。2日目と全体感想みたいな感じ。

1日目はこちらastj.hatenablog.com
2日目はなんとアリーナAブロック。友人にはとにかく頭が上がらない。リスアニと初日がスタンドだったので、ちょっと久々のアリーナという気持ちだった。アリーナは椅子がパイプ椅子で粗末感あるけど、スタンドは油断すると落っこちそうな感じがあるので平面のアリーナの方がなんとなく安心感ある。あと、やっぱり臨場感はアリーナの方がずっと大きいと思っていて、見上げるとメインステージのキャストさんがいて、そして目の前に広がるアリーナ席のご同僚の皆様とそのサイリウム、という光景で、これこそライブに来たという気分になる。後は今回下手側のちょっと横寄りだったので、下手側のトロッコがだいぶ近かった!! 初日は自分に近い上手側のトロッコが全く見えなかったので、2日目こそキャストさんがすぐ近くを通るトロッコの醍醐味を満喫できた。

今回のライブのうち、プラリネの話だけは先に別の記事に書いた。astj.hatenablog.com
後、今回のライブの大きな出来事といえばやっぱりSentimental Venusだと思うので、その話を書いておく。

Sentimental Venusについて

ライブから1週間以上が経って、2日目のSentimental Venusでのトラブルについて書かれたブログやTwitterとかニュースサイトとかも沢山出揃ってるから今更だろうけど、一応僕個人の感想を書く。
起こったことだけを書くと、

  • Sentimental Venusの途中で一瞬バックトラックが途切れた瞬間があって
  • 最後の方でバックトラックがブツンと落ちて
  • キャストと会場の大合唱で(最後の「迎えに行こう」以外を)歌いきって
  • 次の曲が始まるまでの間、客席から手拍子が上がったりUO光らせたりして自主的に場をつないでた

って感じ。
最初に書いておくと、今回のSentimental Venusを「アイマスライブには何かが起こる」みたいな文脈で語ったり、会場盛り上げた俺たちプロデューサーすげえみたいな感じで過度に美談化するのは僕は好きではない。災い転じて福と成すという感じでENJOY H@RMONYできて確かにめでたかったけれど、公演トラブルはトラブルだしアイマスPという総体として偉ぶるようなことでもないだろうと思う。その上で、突然バックトラックが落ちてもキャストさんが歌い続けたことだったり、そこに観客席のみんなが大合唱で続いたことだったり、誰からともなく手拍子やUOで場が繋がったことだったり、何よりあの後ちょっとの間だけでライブが再開できたことはすごく良かったと思う。音が落ちたタイミングでキャストさん(と観客席)が戸惑って歌うのを辞めてしまったら、次の歌が始まるまでざわざわとどよめくだけだったら、あるいは機器が復旧せずライブが終了してしまっていたら、と思うと、悪い後味を残さずにああやってライブが続けられたことは本当に不幸中の幸いだったのだろうなぁと思い返している。
もうちょっと個人の感想に寄せると、Sentimental Venusの歌詞って正直そんなガッチリ覚えてないんだけど、あの時は何故か歌詞が出てきてみんなと大合唱できたので、人間って意外と都合良くできてるもんだという感想もある。

ほか感想

と、語るべき大きな話を先に済ませておいて、残りの感想を書く。

セットリストの話。初日の後に社長から念押しされていたようにガラッと変わるだろうとは思っていて、両日組はLTH/LTPの歌わなかったソロの方だろうなーと予想を立てていた。いっぽうでユニット曲はどうなるのかなと思っていたけど、Growing Storm!とShooting Starsが続投で他のLTH入れ替え、LTPはそのままという構成はちょっと予想と外れた感じだった。他のLTPの曲も少し聞きたかったという思いはあったけど、そもそも初日のLTPユニット曲が強力ナンバーぶっこみって感じだったので連日で聞いてもすごい楽しかった。

2日目は初日と違ってずいぶん暑かったし、プラリネで大興奮したのを差し引いてもずいぶん汗をかいた気がする。アリーナだからか、全体的に興奮してたからか、普通に会場が暑かったという話もある。まぁ今となっては何でもいいんだけど、終わった後汗かいてるくらいが気持ちいいという感じはある。

初日においては絵本を歌った雨宮さんがそうだったんだけど、今までのライブに出てた人たちはどうしてもLTPソロ曲を歌ってるときの印象が強かったので、LTPとLTHでソロ曲の曲調が大きく違った渡部さんや藤井さんはのステージでは、今までのイメージと違う一面を見れた気がする(逆に言うと麻倉さんとかはどっちでももちょもちょしてた、とかそういう感じ)。ライブで感じたギャップという意味では渡部さんが特に印象的だったかなぁ。

初日の雨宮さんのMCでShooting StarsのDメロの決めポーズの話が出ていて、初日の時点ではいまいちピンと来ていなかったんだけど2日目はDメロ来たところで「これだ!!!」という感じだった。

2日目だけのメンバーソロ曲のブロック、Up!10sion♪しておかわりーからのプラリネで無事心身共に成仏いたしましたという感じだったんだけど、その後の高橋さんのfor dear...と末柄さんのオレンジの空の下もよかった。色々燃え尽き感はあったところなんだけど、for dear...のCD音源でボーカルにかかってたケロ声加工がない分歌声が染みるなぁという気分だったのと、クラップや会場に広がるUOのオレンジの光で穏やかに?一体感が広がる感じだったのも癒やしのような不思議な感じだった。
まぁそのブロックが終わった後は本当に疲れ果てていて椅子に倒れ込む感じに近かったんだけど、その次のTHE IDOLM@STERのイントロでウオオオオオオオオって*1復活した自分はちょっと面白かった。トロッコですぐそこまでキャストさんが来るのだから、そりゃまぁ蘇生するよねって感じである。その後Pretty Dreamerで元気爆発したので体力はボロボロ。
また愛美さんの話ですいませんって感じだけど、CDや1stライブの印象で愛美さんはMarionette歌うのかなと思っていたらまさかのBlue Symphonyだった。後ろのステージだったから正直遠くて肉眼で見るのは厳しかったけど、CDメンバーの藤井さん雨宮さんに愛美さんが加わってのBlue Symphonyはすごい格好良かった。

藤井さんのフローズン・ワードは(大きい?)ライブでは初披露だったから楽しみにしてたけど、期待通りにすごい格好良かった。間奏でダンサーさんと横並びのところとかね。アフタースクールパーリータイムも楽しい曲だけど、藤井さんの大人っぽい(というか大人か…)魅力を生かすって意味ではかっこいいナンバーのフローズン・ワードでこそっていう気がした。

Eternal Harmonyについては他の方のブログへのブコメという形でも書いたんだけど、最初はけっこう会場が結構探り探りな感じだったと思っていて、LTH04めっちゃ聞きまくってた僕からするとちょっと意外って感じだったんだけど、末柄さんと愛美さんと、エタハモ推しのプロデューサーと、何より楽曲のパワーでどんどん盛り上がっていった感じですごい楽しかった。個人的には自分に近い下手側で愛美さん歌ってるの見れただけでもめでたいとか、そりゃあいみんに煽られればDon't think, feel itって叫びますよねみたいな単純な感想もある。

ただの倉庫:ミリオン2nd(っぽい)記事:『Eternal Harmony』は本当にあったというお話。

お疲れ様でした! / 僕は"行く気満々"組で最後の盛り上がり感が記憶に色濃いけど、思い返してみると歌い出しは意外と探り探りで、どんどん巻き込んで広がっていったような気がした

2015/04/08 00:54

ソロの締め、初日は田所さんに譲っていたけれど2日目はセンターの山崎さん! 最後だから誰が来るか分かっていても、奈落から上がってきた瞬間に「来た!!」ってなった。この辺では身体的にはもう腕上がらない声出ないって感じだったんだけど、満を持して出てきた山崎さんに煽られればどんだけでも腕上がるし声も出る、というのは不思議な体験だったし、そうやってスイッチが入るとWelcome!!やThank You!あたりは残り体力全部ここで使っていいぞって感じだった。

ざくっと総評

一言で言えば兎に角楽しかった、ということに尽きる。ライブブルーレイやCDでしか見た/聞いたことのなかったミリオンの曲を歌って踊るところを生で見て、聞いて、サイリウムを振って、各日4時間くらい?のとても楽しい時間だった。

ミリオンライブがスタートしてから2年ちょっとだけれど、(アイマスという看板があってこそとはいえ)これほどの規模と盛り上がりのライブができるのってすごいなぁと思った。1stの映像を見ていたときはガンガン引っ張っていける中心メンバーとそれ以外のメンバーでステージ慣れ度にギャップがあるのかなーとか思っていたんだけど、今回はコアメンバー以外のメンバーもステージ上での頼もしさがすごい上がってるなぁというようなことを思った。
あと、こちらは1stの時もそうだったんだけど、ユニット曲を歌うメンバーがCDと同じだったりCDと違ったりしつつ、単純にいる人が歌うだけではなくいろんな組み合わせで表情が変わるところを見ることが出来て、なるほどこれがアイドルマスターか!ということをすごく思った。

僕はどちらかというと今までずっとシンデレラの方をメインにしていたからどうしても比べてしまうんだけど、ミリオンにはLTPからLTH、そして全国キャラバンへといってシリーズ全体が共有しているストーリーがあるなーというのを今回すごく思った。シンデレラはそういう全体ストーリーみたいなのはあんまりなくて古き良きソーシャルゲームで、ストーリーを持ってるアニメがソーシャルゲームとリンクしつつもあくまでアニメって感じなので、そこの差って結構あるよなぁと思った。普段アイマスのソーシャルと向き合うにあたってはどちらが良い悪いって話でもないと思うんだけど、シリーズ全体のイベントたるライブにおける位置づけとかの文脈ではミリオンのストーリーは素敵だな、と思った。

そうなるとさぁ次は10thライブ。初日にもシンデレラとミリオンから6人ずつ出演があったり、2日目はすごい人数になってる感じだけど、またミリオンの曲も色々聞けるといいなぁと思っております。ミリオン3rdも追々あるといいですね!!!

サイリウム

そういえばサイリウムの話。
今回各日公式サイリウムを15本を振り分けるということでどうしたものかと思ってたけど、結果的には公式グッズのマルチバッグでいい感じに取り扱えてよかった。shop.bandainamcoent.co.jp
f:id:astj:20150409202052j:plain
家で撮った写真だけど、こういう風に光る方を上にして入れておくと暗い中でもさっと必要なサイリウムを取り出すことができる。微妙に違うピンクとか青とか黄色のサイリウムを間違えずに取り出せるのかって感じだけど、意外と勘と雰囲気でなんとかなった。

あと、キラメキラリやOrange Sapphireみたいに見るからにUO炊きまくる曲はそんなにないんだけど、何かとUOはあると便利なので余裕を持って持ち込みましょうということを思った。

小咄

  • 麻倉さんのやさぐれもちょの表情面白かった。
  • ライアー・ルージュのサビの最後で自分の唇を指す雨宮さんめっちゃどや可愛いんだけど、今回トロッコで(そこそこ)近くで見れてよかった!!
  • 曲目終わった後の一本締め、社長の不意打ちの長い「いよぉーーーーーー」を待ちきれずに締めてしまった人が沢山いたのは面白かった。僕もだ。その代わり終わった後の「アイマス最高」コールは初日と違って揃ってた、ような気がする。

*1:声は上げませんでした