読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平常運転

アニソンが好き

過去記事とかは記事一覧で見れます

顎が外れた

物理的な話。

元々若干顎関節症っぽい感じで、口を大きく開けようとするとカコッと引っかかる感覚があったんだけど、ここ最近はあまり症状がなかったので落ち着いていた。
僕は自転車通勤しているんだけど、けさ家を出て会社に向かう途中で無意識に大欠伸をしたらそこで左の顎が外れた。顎関節のかみ合わせが間違ったところにハマってしまった感じで口が閉じられない(唇は塞げるんだけど、かみ合わせ的で閉じることが出来ない)。言葉を口に出そうとしても閉じられないのでフガフガした感じでしか喋れない。

これはやばいということで、会社のすぐそばにある歯医者さんに駆け込んで顎をはめ直してもらった。タイミング的に待たずにすぐ診てもらえて、下顎を一度下げてからそーっと正しい位置にかみ合わせると口が閉じられるようになるになった。原始的っぽいけどそりゃそうかという感じだった。何度も「顎の力抜いてー」と言われたけど、顎が不自然な状態なのでなかなか力が抜けなかった。
飛び込みで即直してくれる歯医者さんがたまたま近くにあったから大したことなく済んだけれど、タイミングが悪かったらもっと深刻なトラブルになっていたのではなかろうか。そういう意味では、会社のすぐ近くに歯医者があると分かっていたのは幸いだった。

今後の対策

基本的に引っかかりを覚えるポイントより大きく口を開けなければ大丈夫だと思うので、日常生活的には大欠伸をしないというのと、食べ物食べるときに気をつけようくらいでなんとかなるのでは。ライブとかでテンション上がってるときにコールなどでやらかす可能性なくはないけど、普段引っかかりポイントより大きく口を開けることそんなにないから大丈夫なんじゃないかなと思う(希望的観測)。
とはいえ一度顎が外れると再び外れやすくなるらしいのでそれが心配で、7月に西武ドームで顎を外して医務室送りになる奴がいたら多分わたしです

様子