読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平常運転

アニソンが好き

過去記事とかは記事一覧で見れます

眼鏡を買い換えた

日記

多分4年ぶりくらい。
f:id:astj:20150503170405j:plain


前の眼鏡のレンズが傷だらけで周りから買い換えろと言われてたんだけど、「まぁそのうち」と思っていたらフレームが歪んだ(手で曲げて一応直した)。


もともとGWが買い換えどきかなーと思ってはいたので、みんな大好きJINSで新しい眼鏡を買った。

店頭にはいろいろオシャレなフレームが沢山並んでいたけど、今まで眼鏡のフレームといえばとにかく無難に選んできたので今回もメタルフレームにした。小学生のときに最初の眼鏡をフレームが目立たないようにという観点で選んだ時から、ずっと顔における眼鏡フレームの存在感出したくないなーと思っているので今回も踏襲した。後、その場でふっと選ぼうとしてもド近眼では店頭でフレームの吟味もなかなかやりづらい。
JINS PCみたいな機能性レンズもちょっと迷ったけれど、今回はメインの眼鏡の買い換えなのでとにかく保守的にということで普通のレンズにした。気になったらそれ用に別途作ればいいかなぁということで(作らなさそう)。

JINSで眼鏡作るのは初めてだったけど、さっと視力測ってさっと度数決めたらレンズの在庫あったので30分後には作ってもらえた。こんなにしゅっと作ってもらえるものなのかー、となんか感心してしまった。前の眼鏡と比べてちょっと分厚いレンズになってしまったけど、度数が度数だしこの値段ならこんなもんか、という気分。

今まで眼鏡といえば数年に一度買い換える高級実用品と思ってたんだけど、JINSで作る感じや値段感からするともっと気軽に作ってもいいのかなぁとちょっと思った。顔面っていう第一印象で目にする部位の印象を大きく変えるアイテムとして捉えると4000円や6000円はそんなに高くない、のかもしれない。こういう値段感ならサブも兼ねて存在感あるフレームの眼鏡も一本くらい作ってみるといいのかもしれない。とはいえ黒縁とか絶対似合わないと思うんだよなー。