読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平常運転

アニソンが好き

過去記事とかは記事一覧で見れます

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 3rdLIVE TOUR BELIEVE MY DRE@M!! 仙台公演に行ってきた

アイマス ライブ ミリオン3rd

仙台も行ってきました。京都からだと日帰りできそうになかったので*1後泊することにして1泊で行ってきた。
先日の名古屋公演からわずか1週間でまたミリオンのライブを見に行けるのはすごい。名古屋の時のような瞬間的爆発的にテンションの高まる瞬間は少なかったけれど、聴きたかった曲、楽しい曲、綺麗な曲が取りそろえられててすごいよかった。名古屋を「楽しかった」と表するなら、仙台は「良かった」という感想だった。


リスアニ!WEBにライブレポートが既に公開されてる。全体の雰囲気とかはこちらを見てもらうと分かりそう。
www.lisani.jp

仙台現地の話

当たり前なんだけど仙台は寒かった! 冬は普段厚手のコートを着ているんだけど、ライブ会場にコート持って行くとかさばるということで駐車場(友達が車で来ていたので乗せて貰ってた)から会場までの数分間はコートなしで歩いてたところそれだけで滅茶苦茶寒かった。コートに頼らない防寒体制を敷くべきだった。。。
幸い天気そのものは良好で、日陰に時折残ってる雪を眺めるくらいで済んだのは幸いだった。

ゼビオアリーナ仙台は初めて行ったけれど結構大きい会場だった。割と新しいということもあって綺麗な会場だったと思う。

今回はアリーナの縦方向ほぼ真ん中くらいの席だった。左右方向は下手の端っこ寄りだったのだけれど、縦方向の距離がそこそこあるのでメインステージにはそんなに角度ついている感じでもなかった。ここ最近はメインステージを正面から見る位置になることがあんまりなかった(名古屋は下手前方なので角度が大きかった、シンデレラ3rdはメインステージから遠かった)ので、その辺と比べると、今回はステージを想定された正面からの見え方で見てるんだな、となんとなく思うことが何回かあった。

セットリストの話

<セットリスト>
M01:Dreaming!(全員)
M02:成長Chu→LOVER!! (夏川、伊藤)
M03:チョー↑元気Show☆アイドルch@ng!(村川)
M04:グッデイ・サンシャイン!(原嶋)
M05:ハッピー☆ラッキー☆ジェットマシーン(渡部優衣
M06:little trip around the world(郁原、麻倉)
M07:G♡F(近藤、原嶋)
M08:Sentimental Venus(渡部優衣、夏川、郁原)
M09:STANDING ALIVE(雨宮、近藤)
M10:夢色トレイン(麻倉)
M11:VIVID イマジネーション(夏川)
765プロカバーコーナー
M12:shiny smile(夏川、Machico
M13:DREAM(郁原、近藤)
M14:いっぱいいっぱい(村川、原嶋)
M15:バレンタイン(麻倉、渡部優衣
M16:Vault That Borderline!(雨宮、伊藤)
M17:夜に輝く星座のように(村川、渡部優衣
M18:恋のLesson初級編(Machico
M19:ライアー・ルージュ(雨宮)
M20:Legend Girls!!(伊藤、麻倉)
M21:Helloコンチェルト(原嶋、村川、Machico
M22:piece of cake(雨宮、Machico
M23:ちいさな恋の足音(近藤)
M24:君だけの欠片(郁原)
M25:空想文学少女(伊藤)
M26:カワラナイモノ(伊藤、夏川)
M27:Welcome!!(全員)
M28:Thank You!(全員)

夢舞台はアイマス初上陸の地・東北へ。「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 3rdLIVE TOUR BELIEVE MY DRE@M!!」仙台公演レポート!|リスアニ!WEB

メンバーがMachicoさん以外総入れ替えと言うことで曲目はがらっと変わったけれど、CDシリーズごと/1人あたりの曲数やカバーコーナーの位置づけとか、そういう形式的なフォーマットはだいたい名古屋を踏襲する感じだった。次に何が来るのかまったく想像つかない状態で1曲毎に「次は何だ……!?」と構えていた名古屋の時と比べると、そういう観点の驚きや構えがなかった分、力み(っていうと馬鹿馬鹿しいけど)なく1曲1曲を迎えられたという気もするし、名古屋の時に1曲ごとの緊張で幕間がずいぶん長く感じられていた分、今回は3時間のライブがあっという間に過ぎてしまった、というような気もした。

3rdライブツアーがどういうセットリスト構成になるのかとか分からない中での初日だったので、セットリストに対する驚きを一番感じられるのはきっとこの名古屋の公演になるんだと思う。

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 3rdLIVE TOUR BELIEVE MY DRE@M!! 名古屋公演に行ってきた - 平常運転

名古屋で2曲目が(デュエット曲である)エスケープだったのを思うと同じくデュエット曲の成長Chu→LOVER!! が2曲目に来たのはなんとなく想像通りという感じだったけど、2人背中合わせに立ったところで逆光にシルエットが浮かぶところとか、インストのイントロの尺を長めに取ってあったところとか、ゆったりとした歌い出しからイントロのコール、AメロBメロからサビとボルテージをどんどん上げていくこの曲そのものとか、ブロックのオープニングとしてよりオープニングらしい、正当派な展開の仕方だったんじゃないかなーと思う。
カバーコーナー明けの後半の流れも名古屋と組み立て方が違ったと思う。大盛り上がりする曲を並べると言うより、じっくりステージを見せる曲で綺麗な流れを作って最後のカワラナイモノに繋げるという流れで、「楽しかった」よりしみじみと「よかった」っていう後味が残ったのはこういうセットリストの構成だからだったと思う。最後のリーダー2人のデュエットの選曲は名古屋でも仙台でもただの雰囲気じゃなくて意味を持って選曲されてるなーと思ったんだけれど、時の流れとそれでも変わらない絆を歌ったこの曲に意味合いを持たせられるくらいにはミリオンライブも年期を重ねてきたのだなぁ、と思った。

とはいえ今回も全体的に仕掛けが早いセットリストで、最初のブロックに チョー↑元気Show☆アイドルch@ng! や、ハッピー☆ラッキー☆ジェットマシーン とか、まあどうやっても盛り上がるでしょ、みたいな曲がどんどん出てくるので迫力があった。

765プロカバーコーナーの話

名古屋の時とメンバーが全然違うのでカバーコーナーの曲も入れ替えてくるんだろうなーと思っていたところきっちり5曲全部入れ替えだったので、名古屋で聴けなかった曲を聴けてすごくよかった。このコーナーで1曲1曲イントロが流れる度にミリオン曲が来た時にテンションが上がる時と方向の違うテンションの上がり方をしている自覚があって、勿論ミリオンライブのことも好きなんだけれど、自分は765プロ(狭義のアイマス)が好きなんだな、というのをその瞬間に思ったりした。
今回のカバー曲で一番の目玉はやっぱりバレンタインかなーと思う。リスアニのレポートによるとライブで歌うのは6年ぶりということで実際僕もライブで見るのは初めてだったんだけど、スピード感のある四つ打ちにノリやすいメロディー、おまけに\ゆい㌧/\もちょ/とスクリーンで演者さんの名前のコール誘導する字幕まで出ればテンションは最高潮という感じ。オリジナルが亜美真美と美希の2人だったのもあってこの曲大好きなので、(バレンタイン間近の日程だったのである意味順当なんだけど)予想外のここで聴けたのは本当に嬉しかった。

リーダーではない、という話

名古屋の時のリーダーだったMachicoさんが今回は一兵卒(というのも変な言い方か)だったけれど、リーダーとして要所に出番があった名古屋とは明らかに違った役目を任されて出てきてるなー、ということを思った。名古屋の終盤でリーダーデュエットの手前に来るのはBelieve my change!がどんぴしゃりだった分今回は恋のLesson~で翼の可愛い側面をきっちりソロで見せてくれたのだなぁと思ったり、Helloコンチェルトとpiece of cakeで2曲続けてサポートに入ったり、表面的な出番でいうなら今回は名古屋と比べて明らかに「リーダーじゃない」というところを意識させる出番だったと思う。
ただ、こう書くと勘違いされそうだと思ったのできっちり釘を刺しておくけれど、決してMachicoさんが脇役だったとか地味だったとかそういう意味合いではない。Helloコンチェルトで原嶋さんを村川さんと挟んで楽しいステージを見せてくれたあとそのままステージに残って雨宮さんが入ってきてpiece of cake、という展開だけでも存在感があった。そのpiece of cakeも、雨宮さんの歌声にMachicoさん/翼の甘い歌声が加わると、この曲が平山さんと組んでキレイ系という趣だったオリジナルと違う表情を見せたような気がした。これはLTD02リリイベでオリジナルコンビを見ていた自慢です。
ついでにpiece of cakeの話をしておくと、Bメロの腕をゆらゆら?させる振り付けとサビの前の時計の音のところで頭を指さしてカウント取る振り付けが今回もすごく印象的でよかった。

他いろいろ

今回の出演者でいうと郁原さんは1st以来なので1stのブルーレイで見たけれど生のライブを見るのは始めてで、原嶋さんは完全に初めて拝見した。事前にTwitterなどの風の噂で聞いていたけれど本当に小柄な方で、背の高い渡部さんと対比してみると結構すごい身長差だなぁ、という感じだけど、手足をいっぱいに使ったり、ソロ曲でステージの両端まで使ってのパフォーマンスなんかは悪い意味での小柄さは感じなくて元気で楽しいステージだったと思う。
育のソロ曲でいうとアニマルステイションに備えて動物のかぶり物とか用意してきてた人をちらほら見かけて元気あるなァと思っていたけれど、その方面の皆様におかれましてはアニマルステイションなしでご愁傷様でした、という感じだった。。。


生でステージを見たという意味だとミリオン2ndの印象が強いので、ミリオン2ndで見たことのある曲でも、2ndのときと演出の違う曲はずいぶん新鮮な気持ちで見ていたあと思う。ライアー・ルージュや夢色トレイン、VIVID イマジネーションあたりは2ndの時はトロッコ上だったので、メインステージでのパフォーマンスとか振り付けとかみるとそれだけで新鮮な感じだった。夢色トレインの電車ごっこっぽいイントロの振り付けだったり、ライアー・ルージュの堂々としたパフォーマンスだったり、VIVID~の杏奈の表情の表現だったり、この辺はきちんとしたステージでやってこそなのかなー、と思ったりした。ファンサービスとしてのトロッコももちろん好きだけどね。


今回村川さんのMCでの存在感が尋常ではなかった。溢れるフリーダムっぷりで場を持っていくわ、長くしゃべりすぎて(多分プロンプター経由で怒られて)MCを遠慮無く途中でぶったぎるわで半端ではなかった。村川さんは1stも2ndもちょっと体調が万全じゃなくて大変そうだったけれど今回は万全っぽくて、そういう意味ではようやく村川さんの真価を見た、ということなのかもしれない。


近藤さんはステージの上でバラードや綺麗な曲を歌わせるといかにも可憐がステージに立ってる!という感じになるのだけれど、格好いい曲のステージに立つと実はめちゃくちゃかっこよくて、2ndだとMarionette~でびっくらこいた、というのがある。今回もカバーのDREAMではそのかっこいい一面を見れてすごいよかった。

このブロックだとMarionetteの近藤さんが凄く格好良かったのを覚えている。近藤さんはソロやMCのイメージだと可憐っぽいというか綺麗系なんだけど、Marionetteでは1stでもこの曲歌ってた麻倉さんやMachicoさんの横ですごい堂々と格好良く歌っていたのが印象的だった。

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 2ndLIVE ENJOY H@RMONY 1日目に行ってきた話 - 平常運転


今回デュエットで2人並んだときに2人の振り付けの対比とかを堪能できた気がしていて、その辺は前述したステージ正面(に比較的近い角度)で見てたからなのかなァ、とも思った。little trip around the worldで麻倉さんのかわいく元気にという振り付けと郁原さんのおしとやかで少し控えめな振り付けの対比とか、夜に輝く星座のようにでサビの前後半の1人ずつの振り付けを1番2番で順序入れ替えてるところだったりで見れたり。映像作品になれば一番よく見るアングルではあるんだけど、やっぱり生のステージで見てこそ、おお、と思わされることもある、気がする。


今回のMCで仙台の名物の話題になったけれど何かと牛タントークばかりで、まあいいんだけど他に何かないのwという感じで面白かった。最後の挨拶MCでも麻倉さんが牛タンの話をしてて、夏川さんがすみませんすみません、と言わんばかりに頭をぺこぺこ下げてたのは面白かった。


最後の挨拶を聞いていて、仙台公演にしか参加しない方の挨拶はどうしても「ありがとうございました」になるし、この先の公演にも参加する方の挨拶は「ツアーのこの先もよろしくね」になるのだなぁ、と思ったりした。確かに仙台限りの方にとっては仙台が終着点なのだけれど、まだまだツアーが続くのも確かなので、その辺いろいろあるなぁーと思っていたりした。

まとめて

ということでした。途中にも書いたように「楽しい」よりも「良い」という感想の方が先に出てくるような公演で、名古屋と違った趣きがあってよかったと思う。
名古屋から2週連続ということでスピード感あったけど、次の公演はここから1ヶ月ちょっと空いて3月の大阪公演。名古屋、仙台と振り返ってみると、鈍い僕でもなるほどこれが公演ごとのカラーなのかー、と思わされるところがいろいろあった。
大阪のリーダーは藤井さんと渡部さん。仙台が今回初登場の渡部さんを見て、やっぱり渡部さんのパフォーマンスは安定して勢いがあってよいなぁと思った。いつみてもキレッキレの振り付けだったりとか間奏の煽りだったりとか、結構見慣れてるつもりではあるんだけど、名古屋公演の後で仙台公演で見るとやっぱりすげーな、流石だな、という感じでよかったと思う。その渡部さんと藤井さんでハイテンションなお祭りになるのか、はたまたそれとも。1ヶ月楽しみに過ごそうと思います。

ちなみに名古屋の時の感想エントリはこれでした。
astj.hatenablog.com

余談

あれだけ牛タンの話をされては仕方ないよね、ということで当日の晩ご飯は牛タンでした。シチューも食べたよ。
www.rikyu-gyutan.co.jp
f:id:astj:20160207200740j:plain:w600

*1: 結果論で言うと仙台空港を20:10に出るピーチに飛び乗れば一応可能なようだったけど、分かっててもこの選択肢は選ばなかったと思う……