読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平常運転

アニソンが好き

過去記事とかは記事一覧で見れます

BanG_Dream! / Poppin'Party 「Yes! BanG_Dream!」 買ったので聞いてる

バンドリ!「Yes! BanG Dream!」(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)

バンドリ!「Yes! BanG Dream!」(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)

買った。一般流通でシングル出たのは大変めでたい。収録曲はライブ会場物販で販売された同名CDで音源聞いてた人間としては新鮮みはそんなにないんだけれど、普通にお店で買えるようになったのはよいことだと思う。
あと、あらためて会場限定版のCDを取り出してきて見比べると、4thライブまでのイラストのテイストとブシロードライブの時にお披露目されたアニメ基調の垢抜けたテイストの差が分かりやすくてなるほどねェという気分になった。

おーばーびゅー

ということでバンドリの一般流通での1stシングル。
www.youtube.com

「一般流通の」って枕詞をわざわざつけたのは、10月の4thライブの会場物販で同名のCDが販売されているので、という感じ。
会場限定版の試聴動画あった。
www.youtube.com

収録曲はタイトルトラックのYes! BanG_Dream!とカップリングのぽっぴん'しゃっふるの2曲収録。
会場限定版からSTAR BEATが抜けたかわりにInstrumentalとボイストラックが収録されてボリュームアップ。ブルーレイつきの限定版には、ブシロードライブの時にお披露目された Yes! BanG_Dream! のアニメーションMVが収録されてる。
軽く聞き比べただけでがっちり比較した訳じゃ無いけど、バックトラックは特に楽器の新録とかなさそうでリミックス程度という感じっぽい。イエバンはだいぶオルガンがフィーチャーされたミックスに変わってて、まあキーボード入りバンドものでござい、って音源にするならこうなるよね、という感想はある。まあ会場限定版のはあまりにオルガンの存在感薄かったので。。。。

ライブでは当然メンバーが楽器を演奏してるんだけれど、CDではメンバーは楽器弾いていない……というのも会場限定版からそのまま。まあそうだよねという感じではある。いつかメンバーの演奏によるスタジオ音源もリリースされるとよいですね。

Yes! BanG_Dream!は1stライブから皆勤のバンドリの看板曲。ライブだと2サビの後でメンバー紹介のコーナーが入ったりもする。オープニングっぽいいかにもっていう正当派の曲。ライブで生演奏される楽曲としても印象深いけど、ライブのオープニングムービーのBGMとかでイントロが流れてよっしゃ始まるぞ、って気分が高まってくる体験の記憶も結構深い。

ぽっぴん'しゃっふるは2ndライブでSTAR BEATと一緒に披露された曲。音源にも入ってるけどクラップしたり、\ぽっぴん/\ぱっぴん/合いの手入れるのが楽しい曲ですね。テンポの速いハネ系なのでお祭り騒ぎ感がある。あと、歌詞をちゃんと聞くとだいぶ眩しい学生生活で、そういえばバンドリは高校生学園ものでしたね、というのを改めて思わさせられる。ライブだと伊藤さんがショルキー使うこと多い曲なので、合いの手入れるときにステージ自由に動き回ってたりしてるのがよい。

雰囲気

ジャケットといい、MVといい、ボイストラックの感じといい、全体的にブシロードライブで発表されたアニメテイストのイラストでリファインされたイメージに沿った今っぽい感じになってるなーと改めて思わされた。会場限定版は逆にリファイン前の素朴なテイストが全面に出てて、並べると分かりやすい。

この辺事情を深追いしてもそんなに楽しく無さそうだから深追いはしないけど、個人的には未だに旧イラストイメージの方がしっくり来るので今も正直ちょっと雰囲気変わってしまったの残念に思っていたりはする。。 新しい方も新しい方も可愛いから好きなんだけれどもね。

ボイストラック

バンドリのキャラクターとかストーリー的側面は今までも漫画やイラストストーリーの連載があったけど、ボイスやトークって形で音源になったのはこれが始めてなので、CDを聞いての新鮮さという意味だと個人的にはこっちの方が大きかったかもしれない。
まあキャラクターイメージとかも前述の様にリファインされたタイミングで結構設定とか性格とか軌道修正されてて、そこにちょっともやもやした気持ちはゼロじゃないんだけれど、そうやってちょっと形を変えつつも、CDのボイストラックやドラマっていう新しい側面でもバンドリが手に取れる形になったのは嬉しいことだなァと思う。ドラマパートはほんの2分ほどだったけど、こういうパート聞いてると、声優さんが実際にライブする3次元のコンテンツとしてのバンドリと別に、いわゆる2次元コンテンツとしてのバンドリがちゃんと生きているという感じがしてすごくよかった。

でした

なんかいろいろ書いたけど、やっぱりバンドリがCDとして形になって手に取れるようになったのはすごい嬉しい。買いに行ったとらのあなの店頭の新譜コーナーにバンドリのこのCDが普通に並んでるのを見てワーォってなったりもした。
この先バンドリの未来がどっちになるのかは僕もよく分からないけど、ガールズバンドものとして音楽だけでもいい曲だし、キャラクターも可愛いし、また春からコミックとかイラストストーリーとかの連載も始まるっぽいので、良さそうだと思ったら是非手にとってもらえるとうれしいな、というように思ったのでした。

余談そのいち

この記事書こうとして自分のブログの過去のバンドリのライブ行った感想記事読みながら思い起こしたりしていたけれど、バンドリの単独ライブでいうと10月の4thが最後、ブシロードライブも12月だったのでずいぶん長いこと行ってないような気分になってきた。普通のアーティストなら別に前回ライブ見に行ってから数ヶ月経つことくらいふつうだけれど、バンドリは6月から1~2ヶ月おきにずっとライブやってて見に行ってたので、それを思うと長い。まぁ4月のライブは楽しみとして、その先のライブの間隔も2ヶ月とはいかないだろうなー、と思うと去年がちょっと恋しくなる気もしている。

余談そのに

今までバンドリはライブの様子の一部をYoutubeにアップロードしてて、一応期間限定公開みたいに銘打ってた記憶はあるんだけど、今確認したら過去のライブ動画全部非公開にちゃんとなってた。まあもともと期間限定ということだったから妥当なんだけどちょっと残念。折角だし振り返ったりしたかった。あとこのブログの過去の記事で動画貼ってたので、後から記事読むと謎の非公開動画が貼ってるだけになってなんかよく分からなくなってしまって残念。