読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平常運転

アニソンが好き

過去記事とかは記事一覧で見れます

ライブ ミルキィホームズ 総天然色祭 の1日目に行ってきた

ライブ

2016/5/14,15にあったミルキィホームズのライブのうち、土曜日の方に行ってきた。去年のブシロードライブのメインとしてけっこう曲数やってるのを見ていたけれど、純粋なミルキィの単独ライブを見に行くのは初めて。すごい楽しかった。

どうでもいいんだけどミルキィのライブ情報ページはイベント毎のパーマリンクがなさそうなので、こういう時に貼るURLとして使いづらい。
milky-holmes.com

経緯

ミルキィホームズといえば、なんかのアニメの4色の女性声優ユニットである、というくらいしか知らない状態が長かったのだけど、この1年くらいアニソン系のライブに行きまくっていたところ、バンドリのカバー曲の定番に 正解は〜 が入っていたことでちょっと意識し始めて、ブシロードライブで本人たちのライブを結構しっかり見たところやっぱり楽しかったので、これは行くかー、ということで行く運びになった。(ちょうどいいタイミングでミルキアンの方にお誘いいただいた、というのもある)。
ここ1年の自分のブログを振り返ってみると、正解は〜を楽しみながらブシロライブでミルキィよかったわーとなってる様子が観察できる。

正解は~はミルキィの曲っぽいけど、実はこの曲知らなかったのでとにかく周りが大盛り上がりな中僕はそれとなく盛り上がっていた。

BanG_Dream! 2nd Live「楽器×女子=正義!」に行ってきた話 - 平常運転

正解は〜は2ndの時に唯一知らなかった曲で後悔してたのでちょっと覚えていったところ3rdでもやってくれてよかった。サビのところのフリ?とかが揃ってるのはやるのも楽しいし見るのも楽しいのである。

BanG_Dream! 3rd LIVE 「夏だ!バンおドリ!」に行ってきた話(今更) - 平常運転

バンドリで聞くまで原曲にご縁が無かったので相変わらずこの曲は聞いててあたふたするんだけど、楽しい曲だし、サビでステージの上もホールもみんなでおはようおはようしてる光景はそれだけで楽しいものがある。

BanG_Dream!関西遠征ライブ「バンドリ!こうべこーへん?」行ってきた - 平常運転

冒頭にも書いたようにミルキィはアニサマで見たくらい、という感じで、衣装の蛍光色?がまぶしいみたいな雑な印象と、バンドリがカバーしてる正解は〜は楽しい!くらいのミルキアンに殺されそうなイメージしか持ってなかったんだけど、トークをさせれば面白いし、曲は楽しい曲ばっかりだし、ダンスもかわいいし、という感じでめっちゃ楽しかった。テニスラケットでプレゼント客席に打ち込んでるの面白かったし、ミルキィ A GOGOのサビの振り付けはめっちゃ頭に残って聞いてて手が動きそうなるし、ライブ終わった後も頭に「ナゾ・ナゾ」ってぐるぐる回ってる。目当て以外の出演者をよかったと思うことはままあるけど、ライブ終わって今ランダム再生しようとしてバンドリよりついミルキィの曲選んでいたりして、新たな沼のほとりが見えてきたのではと警戒している。

ミルキィホームズ Presents ブシロードライブ 2015 に行ってきた - 平常運転

ここ半年くらい愛美さんの出演するライブイベントを見に行く機会が増えてきたので、知り合いには今回も愛美さん目当てなのかと聞かれたりもしたのだけど、今回は愛美さんが出演するからではなくて、上に書いたようにミルキィホームズのライブを見に行くぞ、というのが主なモチベーションだった。結果的には愛美さんのステージも見れたので大変よかったことではある。

セットリストとかはブシロード公式のライブレポートを見るとよさそうな感じがする。
ミルキィホームズ“祭”をコンセプトにした『ライブ ミルキィホームズ 総天然色祭』開催!|イベント情報|株式会社ブシロード

体験

結果から言うと期待を裏切らずとても楽しかった。曲自体も直球で楽しいし、4人4色のパフォーマンスも視覚的にも鮮やか。フォーメーションもよい。普段はアイマスのライブを見に行ってるのでどうしても比べてしまうのだけど、アイマスはいろんなメンバーの組み合わせで同じ曲を歌う分、ユニット曲でがっちりフォーメーション決めてることはあまりないので、ミルキィとかでフォーメーションばっちり決めてるステージ見るとなんとなく新鮮な気分になる。

今回のライブは2ndアルバムの発売後最初ということもあって、総天然色の曲はそこそこ頑張って覚えて行ったのだけど、みるみるUPっぷ↑↑とかミルキィアタックみたいなコールがっちり入った曲はやっぱ覚えて行ってよかったですね、という感じで楽しかった。

フェザーズの曲を挟んで、アルバムジャケットや PV に出てくる白黒姿の4人(「ギルティホームズ」)が出てきたのには大笑いしたんだけど(徳井さんと佐々木さんのギルティホームズのときのしゃべり方だけでも爆笑だった)、そのまま普通にミルキィホームズの曲を歌ったのは予想外だった。オーバードライブこそイントロがかっこいい系なので雰囲気あってるのかもと思ったけど、その後の勝利ノキズナや鼓動の彼方は完全にギルティホームズ関係ないでしょ、という感じでおもしろかった。(この辺の曲も楽しみにしてたので、セットリスト的にはすごく嬉しかったし、見た目がギルティホームズだから曲中のパフォーマンスが違う訳でもなかったからある意味安定感はあるのだけど)

会場

会場は幕張メッセのイベントホール。ちょうど1ヶ月前にアイマス(ミリオンライブ)のライブでもイベントホールに来ていたんだけど、ステージの上はお祭りって感じのセットになっていたり、横の壁には提灯が並んでいたりして面白い感じだった。
これはライブ中の撮影OKタイムに撮った写真。演者の写真まともに撮れる気がしなかったので諦めてステージセットを画面に収めた写真なんだけど、こういう感じでお祭りっぽいステージだった。激情!~ では上の金屏風を使ったり、NERORO おんど では上手側の盆踊りのヤグラっぽいところをつかったり、単に雰囲気重視の雑多なステージかと思ったらそれぞれのセットが有効活用されてて面白かった。

f:id:astj:20160516003126j:plain

ステージ自体の配置は先月のミリオンライブの時と同じように、アリーナ中央最前ブロックを数列残してセンターステージ+お立ち台にする構成で、それにアリーナトロッコがつく感じだった。今回はアリーナ席の前から2ブロック目、左右方向では真ん中というブロックの前の方だったのだけれど、センターステージがなければ普通(?)にそこそこ前の真ん中のところが、センターステージがあったことでセンターステージ正面席になって大変にめでたかった。メインステージからもそこそこは近いので、メインステージで始まった開幕でも普通に楽しかったのだけど、 We are the Miracle Holmes♪ でセンターステージにフェザーズ含めて6人集まってくると流石に存在感が圧倒的だった。
そうでなくても、ステージ正面だと4人が横一線に並んでこちらを向いたときに、(方向として)こちら側向いてる!という感じがすごくして、たとえばそこでコールを誘ったり真似したくなるような振り付けになると一緒にやってやるぞ感を勝手に感じたりしてた。

撮影

今回のライブは、一部の曲でスマホでの写真・動画撮影が許可される、ていう珍しい感じだった。
milky-holmes.com
センターステージから結構いい距離だったので、開演前にはいい写真撮れるかなとちょっと期待もしたんだけど、楽しいミルキィの曲中でサイリウムは振りたいしコールもしたいとなると写真撮るのに全然集中できなかったり、そもそもスマホで写真撮り慣れてないということもあっていい写真は全然撮れなかった。

まあ思い出という意味では自分のスマホでライブの写真撮る体験はなかなかできないのでいい体験だったということで満足してるんだけど、ライブ終わってから Twitter で眺めるとバッチリいい写真を撮れてる人も沢山いて、意味も無く敗北感にかられたりもした。

撮影可能だったのは終盤の3曲だったのだけれど、2曲目が 正解はひとつ!じゃない!! で、上にも書いたようにバンドリでカバーされたこの曲でミルキィ曲に接してきた僕としては一番高まる曲だったので、スマホ構えてる場合じゃねぇ!とこのあたりではカメラを完全放棄していた。おはよーおはよーして大変楽しかった。

フェザーズ

フェザーズ役の愛美さんと伊藤さんの2人組はバンドリのメンバーとしては見慣れた感じだったのだけど、ミルキィのライブにフェザーズとして出演してるのを見るのは初めてだった。おふたりご本人は見慣れた感じなのだけど、ミルキィの衣装でミルキィの曲にいるとまた違った感じがしてよかった。振り付けのフォーメーションというような話を上にも書いたけれど、フェザーズは2人で(単純に同じ振り付けじゃなくて)縦と横、とかのように対になる振り付けが多くて、2人で対になる振り付けだとコンビ感が非常に出てよいなーと思っていたりした。

最後の挨拶では愛美さんが感極まってしまって徳井さんがそれに気付いて駆け寄る、みたいなシーンがあったのだけど、アイマスやバンドリのライブで愛美さんがそうやって感極まってしまうところはそんなに見ないので、正直なところあの瞬間は何よりまずちょっと戸惑ってしまった。出演者さんが感極まってしまう、という光景自体はちょくちょく見るのだけれど、いざ自分が応援してる出演者の人がそういうシーンになったとき、客席の観客にはせいぜいサイリウムを振るくらいしかすることはなくて無力だなァ、と思ったりもした。

そのほか雑感

アンコール前最後の カラフル with you では是非ここで撮影を、というタイミングが予告されて、何事かと思ったけれどちょうどそのタイミングで銀テープがばーんと射出されるタイミングだった。狙いとしてはテープが飛び交う美しい光景を写真に、ということだったのだろうけれど、僕は完全にてんぱってしまったので美しい写真を撮るのには大失敗した。。こちらがひどい様子。

f:id:astj:20160517223431j:plain

その代わりといってはなんだけどテープ自体はゲットした。ここ最近何も書いてないテープをゲットして微妙な気持ちで持ち帰ることがあったのだけど、今回は4人のメッセージが(印刷で)入ってたのでゲットし甲斐があった。

f:id:astj:20160517223520j:plain


アンコール一発目の森嶋さんの ANSWER がすごくよかった。歌自体も勿論よかったのだけど、ここまでのミルキィの曲と違って振り付けもなく真っ直ぐ歌で、という構成が曲調とよく合ってた、というのもよさだったと思う。


アンコールの最後の最後の1曲が 夏祭り だったのは完全に予想外だった。確かに今回のライブはおまつりなのでちょうど良いと言えばちょうど良いのだけど、まさか〆がカバーになるとは思わなかった。


イベントホールはアイマスのミリオン2ndと3rdで2回来たことがあったのだけど、アイマスだと一斉にみんなでジャンプして(アリーナの)着地音がどーんとする、という体験はあまりなかったのでちょっとそれも新鮮だったりした。

振り返って

ということで、1年間かけてちょっとずつ積み立ててきたミルキィのライブ行きたさを無事成就させることができた。今回はちょっと頑張って京都から幕張までの遠征だったけれど、足を運びやすい範囲でミルキィの出演するライブがあったらまた行きたいなーと思っている*1

*1:こういうことを書きつつも、また次の単独ライブとかでしれっと関東まで遠征しているのだろうけど