読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平常運転

アニソンが好き

過去記事とかは記事一覧で見れます

リスアニ!LIVE 2017 CROSS STAGE に行ってきた

ライブから1ヶ月以上経ってしまって今更振り返るのもどうかという気がするけど、折角いいライブ行ったので振り返っておかないと勿体ない気がしたので書いておく。あと、イベンターノートみたいなサービス使ってないぼくにとってはこのブログがイベントの記録みたいな節もあるので書いておこうと……

今年初めて金土日の3デイズになったリスアニライブのうち初日に行ってきた。初日は今までや今回の土日と違ってLiSA *1Kalafina のツーマンだった。ツーマンということでどんなライブになるのかと思っていたけれど、リスアニらしくタイアップを軸に据えたセットリストで僕みたいなアーティストのにわかでも存分に楽しめたし、何よりあれもこれもと聞きたかったタイアップ曲を沢山聞けて大満足だった。

f:id:astj:20170309031308j:plain

www.lisani.jp


もともと LiSA も Kalafina もアーティストとしてはそんなに詳しくなくて、 Fateまどマギといったアニメの(ちょっと前の時期の)タイアップの曲はよく知っていて、他はアニサマなどで聞く機会があるので知ってるという感じだった。なので今回のリスアニライブ初日に行くかどうかは結構迷っていたのだけど、土日に東京まで行くことは決まっていて交通費の心配が要らなかったのと、 Fate 大好きだから Fate のタイアップ曲聞けるだけでも満足できそう、という計算をして行くことにした。熱心なファンに怒られそうである。

今回は同じ重みのツーマンなのだけれど、会場を見渡すと LiSA のファンが多く目につく感じだった。数自体も多いように見えたけど、比べると LiSA のファンの方が何かと目につきやすいのでそう思っただけかもしれない。とはいえ、片方の時にもう片方のファンが沈黙して会場が冷える……ということもなかったので、どっちのファンが多かったみたいなのは数えるだけ意味が無い気がする。

開幕は LiSA から。LiSA 「の」ライブとなるとどういう感じになるのか想像できずにいたのだけど、開幕1曲目がいきなり Fate/Zerooath sign でウワーッとテンションが上がったし、いきなり Kalafina とのコラボなのにもビックリさせられた。oath sign はちょうど半年前のアニサマで一回聞いていたんだけれど、アニメの懐かしさと、バンドでたくさんコピーした懐かしさと、そして LiSA のパワフルなボーカルにすごく感動した。そこからの crossing field もそう。 LiSA のパワーと LiSA ファンの熱量に自分の中の思い出補正が乗って倍ドンという状態。
そのトップに入ってたテンションは次の エレクトリリカル で振り付けを覚えながら楽しんでるうちにちょっと落ち着いてきたのだけど、そう思って油断してると一番の宝物が来て再び懐かしくなって、そして Fate/stay night の初代ゲーム時代からの主題歌である THIS ILLUSION には完全にやられてしまった。確かに UBW のアニメで LiSA がカバーしてたけどここで聴けるとは本当に思って無かったし、Kalafina の Wakana さんとのコラボだったのも良かった。
実は後半の曲はタイアップついててもあまり聞いたことが無かった(=最近のアニメを見ていない……)のだけどどれも楽しかったし、前半の〆の Rising Hope については言うまでも無い。会場のボルテージは最高潮だしぼくのボルテージも最高潮だった。

今回のライブは(時折コラボでお互いのステージに登場したりはしつつも)前半が LiSA で後半が Kalafina という構成だった。前後半でばちっと分けるなら分かり易く盛り上がる LiSA が後半(というかもっと言ってしまえば Rising Hope あたりで〆)だと思ってたのでちょっと意外だったけど、別に Kalafina が後半だから盛り上がりに欠ける……なんてことはなくて、じっくり聞かせるバラードもあれば、生バンドの刻むリズムに乗せた力強い曲もあり、満足感に溢れる後半だった。
例によってこちらもタイアップ曲を中心に聞き馴染んだ曲も沢山生で聞けて幸せだった。1曲目からまどマギMagia の力強さにはテンションが上がったし、 LiSA の時と同じく Fate でいえば、 to the beginning は生で聞けて本当によかった。沢山の曲をじっくり聞くことで Kalafina といえば3人のハーモニーが素敵なのだけど、単なるハーモニーではなくて3人それぞれの個性があった上でのハーモニーだ、というのを改めて体感できた。

あっさりめの感想になってしまったけどこれくらいで。LiSA や Kalafina の曲を一番よく聞いてたのは2010年代前半のタイアップ曲なのでどれくらいついていけるのか心配なところもあったんだけど、その時期の聞きたい曲を沢山聞けたし、最近の曲もどれもすごく良かった。当たり前すぎるけど LiSA と Kalafina のどちらもすごく歌が上手かったし(小学生並の感想)、生バンドの迫力も良かった。
今までのリスアニライブとちょっと違うツーマンライブという形だったけど、生バンドの上にアニソンタイアップを中心に組み上げたライブは確かにいい意味でリスアニライブらしくて、とても楽しい時間を過ごせた。とはいえ、大物アーティスト2組のこれだけ完成度の高いツーマンというのは土日の公演に対してすごいプレッシャーになるんだろうな、と思ったりもした。 LiSA 本人が最後の MC で明日からやりにくいよ、と笑っていたのも頷けるという感じ。
あと、リスアニライブやアニサマに来る度に思うのだけれど、毎週楽しみにして入れ込んで見ていたアニメの主題歌というのは想像以上に自分の心に深く刺さっているのだなぁというのを今回も思わされた。要は Fate なんだけど。 oath signto the beginning が好きなことは自覚していたけど、イントロで曲がわかった瞬間に既に感動しているのである。キマった状態。そういう思い入れを持てることがやっぱりアニソンの素敵なところだな、ということも帰りながら思った1月末の金曜日だったのでした。
しかしこの後土日はマクロスアイマスのライブに続いたのだった。続く。

アイマスの話は既に書いてる:

astj.hatenablog.com

*1:このブログは個人名にさん付け、ユニットにはさん付けない……という原則で書いてるつもりなんだけど、こうやって Kalafina 並べるとどうも収まりが悪いので敬称略