読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平常運転

アニソンが好き

過去記事とかは記事一覧で見れます

シンデレラ5thライブ宮城公演の現地参加に失敗しました

タイトルだけで既につらい。
ライブ自体の感想ではなくて、ライブに行くのに失敗した話です。

事象

これは飛行機が飛ぶ前にフラグを立てていたツイートです:

そしてこれは現実に打ちのめされたツイートです:


解説

当日は仙台周辺がとにかく天気が悪くて視界不良みたいな感じっぽかった。飛行機は山形ダイバートおよび引き返しの可能性ありという条件付きだったのだけど、いちおう仙台空港の近くまでは行っていたらしい。操縦士さんの言うには、西側の天候が悪く海側から着陸するしかないが海側は追い風が吹いており、追い風次第では着陸できない可能性があるということ。近くまで行ったところ実際は風が強すぎて着陸できず山形ダイバートになったのだけど、その山形空港も風が強くて着陸できず、結局出発地の伊丹空港まで戻ることになった。機内でライブ予習のプレイリストで音楽を聴いてテンションを高めていたところ、ちょうど たくさん! の再生中に山形行きを告げられたのでこの曲にはかなしい思い出が付与されてしまった……
けっきょく出発から3時間ほどで伊丹空港に帰ってきて、空港に到着した瞬間に知り合いに相談したところ、TOHOシネマズ梅田のライブビューイングは当日券があること、すぐに出れば開演に少し遅れる程度で済みそうなことを教えてもらい、すばやくオンラインでチケットを買って伊丹から梅田に高速に移動してライブビューイングに参加した。もともと飛行機の搭乗前から(アイマスTシャツを着ているなど)同じ目的で移動していそうな人を何人か見かけていたのだけど、伊丹から梅田に移動する途中で2組ほど同じようにTOHOシネマズのライブビューイングに行こうとしている人に会ったのがおもしろい。おもしろくはない。まああの状況からなんとかライブビューイングに行こうと思うとあれが一番早い択だった。
結局ライブビューイングは1曲目が始まる直前に到着したので開幕の演出を見逃した程度で済んで、かつライブ自体はすごく楽しかったのでライブビューイングに行けて大正解だったのだけど、あまりに楽しすぎて途中何度も「どうして俺は現地ではなくライブビューイングを見てるんだ……」と悲しくなってしまった。

今回は往復の飛行機と宿をJALダイナミックパッケージで取っていたのだけれど、伊丹に引き返した直後に電話でキャンセルの問い合わせをしたところ、意外と全額払い戻しでのキャンセルになった。当日なので一部しか帰ってこないとか全く帰ってこないというのも覚悟していたのだけど、航空会社直営だったことが幸いしたのかもしれない。もともと土曜日公演だけ現地で見るつもりだったので、結果としては時間を無駄にして現地のチケットを無駄にしただけで済んで、金銭的にはそこまで大きな痛手にはならなかった。精神的には痛い。また、今回のこの公演のチケットは一般販売で買ったチケットだったので、CDのシリアルを積んだ分が無駄になった……ということもないのは救いか。あまり救われた気はしない。

この2年間で飛行機移動は6回(国内4回、国外2回)しているのだけれど、去年12月の北海道と今回で国内は2/4失敗ということになる。統計を語るほどの数字ではないけれど、ちょっとしばらく飛行機は控えたい気がしている……
(ちなみに前回と今回の共通点として、ゆっくりめの飛行機に乗らず朝早い便を選べば予定通り飛んでいたというのがある。自分に甘く遅い便を取った結果がこれ、と言われてしまうと黙るしかない……)

教訓

  • 飛行機はとにかく時間に余裕を持って取る
    • 飛行機以外の選択肢があるならそっちの方が安心では
  • ダイナミックパッケージなどを取る場合は払い戻しポリシーをよく確認する
  • 日頃から徳を積んでおきましょう

こちらからは以上です。

追記:ライブ自体の感想

ライブ自体の感想は別にちゃんと書きました:
astj.hatenablog.com