読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平常運転

アニソンが好き

過去記事とかは記事一覧で見れます

THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!! 2015 2日目の感想

アイマス アイマス10th ライブ

ということで続きました。2日目の感想です。
1日目の感想から続いています:
astj.hatenablog.com


マイナビニュースにレポート記事があった。こうやってセットリストを見るだけでも圧巻という感じがする。
news.mynavi.jp

席の話(2日目)

2日目はスタンド席、いわゆるバックネット裏の席だった。バックステージが正面で、メインステージやサブステージも小さいけれど全体を見渡せて、1日目と違う景色だった。メドレーでいろんなステージを使っているのを見渡せたとか、1日目にスクリーン越しにしか見えなかったrelationsを肉眼で見れたとかりして、サブステージは近いが他はよく見えなかった1日目と対ですごくよかったと思う。

あ、あとはトロッコが思った以上に近くに来た、というのがあった。これも1日目と対といえば対かもしれない。これは始まるまで思い至らなかったけれど、振り向いて見上げるとけっこう近いところにトロッコがいるので最初トロッコがやってきたときは嬉しかったし、トロッコ始点で歌い始める曲だとステージ不在で曲が始まって「どこだ!?」と思って振り向くとそこで歌っていた「おおっ」となったりもした。

はじまる前

1日目と違って2日目は晴れてて、それはめでたいんだけどもドームの中は開始前から滅茶苦茶暑かった。始まる前からこんな調子で大丈夫かという感じだった。
あと、入ってから開演までの間にBGMとしていろんな曲が流れてたんだけど、LEGNEにMaria Trap、メルヘンデビューに毒茸伝説と盛り上がり曲連発の過酷な状況だった。BGMなので遠慮なくヘドバンするなどしていた。

メンバーの組み合わせの話

今回印象的だったのがシンデレラとミリオンの曲のメンバー編成で、シンデレラのアニメ曲はユニットメンバーが揃ってればオリジナルメンバーにという感じだったし、ミリオンもSentimental Venusやジレハはライブで披露したことあるメンバーを軸にしていたけれど、結構予想外のメンバーと曲の組み合わせが沢山あって新鮮だった。序盤でいうと星屑のシンフォニアの3人はCDでもミリオン2ndでも歌ってないメンバーだしWe're the friendsも結構珍しい取り合わせだった。Shooting Starsもミリオンのセンター3人というのは珍しい組み合わせだと思う。僕がアイマスを好きな理由の一つが「いろんな曲をいろんなアイドル(/その声優さん)が歌ってくれる」ということなので、これが10thのお祭りか!最高か!という感じだった。
このお祭り感がさらに爆発するのがメドレーで、ずっと見たいと思っていたシンデレラ、ミリオン、765入り乱れてそれぞれの曲を歌うのは本当にお祭り状態だった。ここの人選はとにかく夢のユニット状態が続いていて、素敵なキセキを"笑顔だけは自信があります"の卯月役の大橋さんと、"笑顔だけは負けないよ"の歌詞の未来役の山崎さんの2人で歌うとか、Super Loverがホームランラジオコンビで歌うものだから(西武ドームという会場もあいまって)出てきた瞬間に笑ってしまうとか、あんずのうたで浅倉さんの「あーお茶飲みたい」は卑怯だし……と1曲1曲のメンバー構成がすごい。ライアールージュでは予想外に大空さんが入っててキメッキメとか、前川みくの持ち曲おねだり Shall We~を伊藤美来さんが歌って「みく」で掛けてたりとか、自称ロックなシンデレラの李衣菜のTwilight Skyをミリオンで本物のロックのジュリア役の愛美さんと歌って夢の共演とか、Never say neverではシンデレラとミリオンの"青"の2人が並び立ったり、とにかく豪華だった。この辺りはトロッコありメインステージありサブステージありでどこを見ればいいのかがめまぐるしく変わるブロックだった。

シンデレラの話

シンデレラ3rdライブの後から振り返ると時系列がずれているけれど、10thはシンデレラのアニメ初出の曲の(ほぼ)初お披露目のライブでもあった。ちょうどアニメ前半クールのクライマックスを飾った GOIN'!!! だったり、ユニットの曲であったり、アニメで出てきてすごいよかった曲をライブで見れたのがすごく、本当にすごくよかった。(この後サマフェスや3rdライブで結構何度も聞く機会はできるんだけれど、それは後の話。)Evo!Revo!やGOIN'!!!、ØωØver!!のようなアニメ新曲は勿論そうだし、11話でめっちゃ好きになったWe're the friends、1話のエンディングの流れが綺麗すぎてイントロだけでうわーーってなるメッセージ、と、曲に付与されたアニメの思い出で前よりもっと好きになった曲を聴くことができてすごいよかった。

ØωØver!!はシンデレラ3rdの感想の記事でもめっちゃよかった、という話を書いた。

アニメ1クール目2クール目それぞれのアスタリスクのエピソードを思い出してアスタリスク最高かよという気分になるし、そもそも曲自体が好きすぎる。シーケンスフレーズからイントロになだれ込むところですでにテンションはトップギアという感じだし(この後オーバートップに入る……)、ほとばしるビート抱きしめてイェイ!である。

シンデレラ3rdに行ってきて書きたくなった感想を書く - 平常運転

直前のOrange Sapphireの時、トロッコに(オレサファのメンバー以外の)誰が乗ってるか見えてなかったんだけど、オレサファの後イントロが来た時にあーーーついに来てしまった、ついに聞けるのかーとなって、感慨深さみたいなのがぼくの中に溢れていた。ØωØver!!の発売記念のニコ生で青木さんか高森さんのどちらかがサビの「いぇーい」を一緒に言ってほしいと言っていて、10thの時みんなでいぇーいできたり、ずっとライブで生で見たい聞きたいと思っていたかけ声、歌、生のパフォーマンスを体感できてすごくよかった。

トロッコの話

初日でもトロッコはちょいちょい使っていたけれど、2日目はバリバリトロッコを使っていた。トロッコ上で歌ってるとき、僕らはトロッコの方しか見ていなかったけれどステージはどうなっていたんだろうか。誰もいなかった、というシーンもなかったことはなかったんじゃないかと思う。たぶん。

トロッコ1曲目のキラメキラリの時は正直遠いし見づらいなーと思ってたんだけど、次のVault That Borderline!でなんと目の前にトロッコがやってきた。席から見上げる正面がちょうどトロッコの始点・終点だったのだ! Vault That Borderline!を目の前で生で煽ってもらえて、みんなでう゛ぉーるとざっとぼーだらーいんできてすごかった。そのほかにもØωØver!!だったりライアー・ルージュだったり最後のTHE IDOLM@STERだったりで何度も正面にトロッコがやってくる機会があって、一塁/三塁側それぞれの端っこからやってくるトロッコに期待を膨らませてみたり、あるいはステージ側でやった曲のあとイントロが流れて振り返るとすぐ後ろにトロッコがいたりと、トロッコだけで楽しい体験が沢山できた。

暑さと体力の話

はじまる前のところでも書いたけれど、1日目と比べて天気も良く気温も高くて始まる前からやや不穏だった。そんな状態で開幕から大盛り上がり連発のセットリストだったものだから、水と体力(とウルトラオレンジ)がものすごい勢いでなくなっていって過酷な状況だった。体力もすごい勢いで削られているのが明らかな状態だったので、メドレーのあたりから結構省エネモードに入っていた。10thは体力的につらくなるのが目に見えてたからランニングなどで体力は作っていて、初日そんなにキツくなかったからいけるだろうと思っていた自分が甘かった。
省エネモードの前は当然として、省エネモード入った後でも1日目と比べてあまりにも汗をかきまくるものだから自分でもビックリしていたし、休憩入った頃にはこのままいくとこれはヤバいな、と思って休憩中に水分を買いに行ったりする羽目になった。(最終的には買い足したお茶はライブ終わるまで手を付けずに済んだんだけど。)

曲の話

1日目のエントリにもちょろっと書いたけれど、1日目と2日目ではセットリストそのものが全く違うし、意味合いも全然違った。2日目は完全にお祭り状態である。開幕からして765とシンデレラとミリオンの全体曲が怒濤のように襲ってくる。READY!! => お願い!シンデレラ => Thank You! => THE IDOLM@STER 2nd mix => Welcome!! である。この辺テンション上がりすぎていたのと気温とで完全にオーバーヒート状態だった。強烈なまでの熱量。

冒頭の5曲で相当なお祭り感だったんだけれど、そこからUO曲のキラメキラリにコールアンドレスポンス曲のVault That Borderline!と来てボルテージをどんどん稼ぐ。そしてシンデレラとミリオンの曲に繋がっていく。まあ多分この状況下なら何が来ても高まった状態になってたとは思うけど、シンデレラからもミリオンからもここで盛り上がる曲や思い入れ深い曲がどんどん出てくるので、テンションの下げどころがない状態が続いていて絶好調だった。

ØωØver!!まで来てものすごいテンションになったところからのSMORKY THRILLで、曲調的にはちょっとここで爆発的なテンションは落ち着いていたんだけど、オリジナルメンバー3人の揃ったステージでこの曲を生で聞けて嬉しかった。うー!などもよかった。

ここから続く乙女よ大志を抱けはソロかな?と思ったら沼倉さんと2人だった。サビの手を左右に振る振り付けを左右逆にして向きが揃うようになってたのがちょっと印象的で良く覚えている。"私流格言"も交代で言ってたりして、9thでは(浅倉さんの)ソロを見ていたので中村さんご本人登場だ!というのと2人だ!というので違う味わいがあってよかった。

1日目にrelationsを聞けてすごくよかったという話を1日目の感想エントリで書いたけれど、2日目にもう一度聞けたのでさらに幸せだった。1日目は肉眼ではまったく見えなくてスクリーン越しに見ていたのだけれど、ステージ全体を見渡せる席だったおかげで2日目はちゃんと肉眼で見ることもできた。2日目は1日目以上に涙(と汗)をびしゃびしゃ流していたと思う。

メッセージは確かバックステージだったと思うのだけれど、サビ前かどこかで1人ずつ振り向くところを印象深く覚えている。その割に8月以降のライブで見た記憶があんまり残っていなくて自分でおもしろい。

全体を振り返るとミリオン・シンデレラの見せ場の多かった2日目だけど、終盤のmy songだけは1日目の続きのようなずっしりとした重みがあった。初期765メンバーのうち10thに出演していた6人で歌うこの曲は本当に重みがあった。僕がアイマスを深く追いかけるようになったのはアニメ以降なのでそれ以前のことは想像しかできないのだけれど、近年の華やかな展開の礎としてアーケードから続く重みがあったのだ、ということは、2日目のこの場所にmy songがあったからこそ改めて考えさせられるものがあった。

Star!!の始まる前?にメインステージを上から映した映像が映ったのだけど、なんとあのステージは上から見ると柱などが星形に見えるように配置されていたのだった! まさしくスターである。2日間のライブのうち正直あの映像の一瞬のために星形に配置されてたのすごいと思うし、見た瞬間おおっ!?となってた。
そのStar!!が来たら当然ミリオンも全員曲が続くんだろうという流れだったけど、これまでにミリオンの全員曲はThank You!もWelcome!!も披露した後だったからどうするのかと思ったらなんと新曲、Dreaming!だった。Welcome!!の歌詞の中にThank You!が出てきたようにDreaming!の歌詞の中にもThank You!とWelcome!!が出てきたりして、明確に続編、第三部という感じで「ついに来たぞ」という気持ちもあった。じっさいこの後3rdライブツアーやCD新シリーズの発表などあって、2ndライブ以来ややおとなしかったミリオンがついに来たか、という感じになった。そうこうしているうちにこの記事を書いている今(2015/12/31)となっては3rdライブも目前である……

アンコールの話

2日目は結局ソロは1曲もなく、1日目にソロが1曲ずつしかなかった下田さんとたかはしさんのソロ2曲目は2日目に聞くこともかなわなかった。放課後ジャンプのためにとポケットに忍ばせていたウルトライエローは結局その目的を果たせないままアンコールを迎えてしまっていた。アンコールの2曲目のTHE IDOLM@STERのとき、下田さんたちの乗ったトロッコがバックネット裏、つまり自分の目の前の席に来るのが見えて(多分下田さんがトロッコで中心に来たのはここだけだったと思う)、じぶんは真美のプロデューサーですよ、他のキャストの方々も勿論だけれど下田さんのことを応援してますよ、という気持ちを伝えられる最初で最後のチャンスではないか、と思って、ここでは公式ライトのバルログではなくてウルトライエローを振っていた。トロッコが実際目の前まで来た時下田さんにウルトライエローを見つけてもらえて手を振ってもらえて(さすがにこれは自惚れではなく僕に向けて振ってもらったと思っている)、ライブの場で下田さんに応援の気持ちを伝えられたのではないかと思う。ちゃんと伝えられて、伝わったとサインを投げ返してもらったのは本当に嬉しかったし、間違いなく一番この席で良かった、と思えた時だった。

今回のライブのテーマソング?だったアイ MUST GO!は結構長い曲だったけれど、2日目のアンコールの最後のこの曲は長い!と思うことはまったくなくて、いよいよライブが終わってしまうのだという名残惜しさでむしろ終わらないでくれ、という感じだった。アイマスが10年かけてたどり着いた今とこれからの未来を思う歌詞がすごく心に染みて、10周年ライブだからこそ歌える歌だったと思う反面、ここでしか歌わないのでは勿体なすぎる曲だと改めて思った。

これも席自慢みたいで恐縮だけれど、最後に2人ずつバックステージから退場していくところを真正面(前後で言うと背面かもしれないけど)で見られて、最後の最後までライブがまさに終わっていくところをじっと見ていられて幸せだった。

まとめ

2日間どちらも現地にいてめちゃめちゃ楽しかったし、聞きたかった曲を沢山聞けたし、この先もアイドルマスターがまだまだ続いていくんだということをすごい感じられたし、すごく、本当にすごく楽しかった。そしてこの世の物と思えないくらい汗をかいた。
まぁ僕が期待していた物が全て得られたという訳ではないけれど、全体としてすごい満足していて、得られなかった物は今後への期待にしたいし、今後の期待にすることができるのはやっぱり幸せなことなんだろうなぁと思った。

このエントリを書き終わったのは2015年も年の瀬。2016年のアイドルマスターはどうなるのだろうか。765もまたライブをやって欲しいし、765つながりでいうとミリオンの一員として765のメンバーがステージに立つところももっと見たい。10thで映像が初公開されたPS4版のアイマスの続報も気になる。1月にニコ生をやるとのことで、2016年のうちに何か僕たちが手に取ることはできるのだろうか。2016年もアイマスですよ、アイマス

写真

西武ドーム入場の気運を高めている様子(1日目)。期待が高まってる状態。
f:id:astj:20151231122145j:plain
1日目終わった後駐車場へ向かう階段から撮った西武ドーム。さっきまで俺たちはここにいたのか……と思いながら撮ってた。
f:id:astj:20151231121323j:plain
フラワースタンドの様子。これは2日目終わった後に撮った。
f:id:astj:20151231122258j:plain